車の所有者が死亡した時の名義変更のやり方と必要書類

まいちゃん
車の持ち主が死亡したときは、名義変更をしないといけないのですね?
ゆうとさん
そうですね。名義変更は複雑に感じてしまうことがあります。どのような手続きで、何をしなければならないのか見ていきましょう。

この記事では、車の名義人が死亡したときの名義変更のやり方や必要書類について解説します。

目次

車の持ち主が死亡したときにやること

車の持ち主が死亡したときは、名義変更をしなければなりません。道路運送車両法の第13条第1項に、新所有者は15日以内に名義変更(移転登録)の申請をしなければならない旨の定めがあるためです。

まず、車の持ち主と思われる人が死亡したときは、車検証の所有者欄を確認します。亡くなった人の名前が書いてあれば本当の持ち主に間違いないため名義変更の手続きが必要です。

しかし、ローンで車を購入していたときなどに、実は所有者ではなかったというケースが見られます。ローンの返済が終わっていれば、亡くなった人に名義変更されているはずです。

所有者欄にローン会社の名前が書いてあったり、所有者欄がなく備考欄に所有者であるローン会社の名前があったりすれば、亡くなった人は車の持ち主ではありません。したがって、名義変更の義務も生じませんが、それとは別の意味で所有者に死亡したことを連絡する必要があるでしょう。

車の持ち主が死亡したときの名義変更の手順

名義変更の手順で一般的な流れは以下のとおりです。

  1. 必要な書類を揃える
  2. 運輸支局等に書類を提出して名義人が新しくなった車検証を受け取る
  3. 自動車税等を申告し納税する

手順1 必要書類の確認と準備

まずは名義変更に必要な書類を確認しておきましょう。

書類の名称入手場所
申請書運輸局等に備え付けており、国土交通省、運輸局等のホームページでもダウンロードできます
手数料納付書同上
遺産分割協議書同上
戸籍謄本等本籍地を管轄する市区町村役場
自動車検査証車に備え付けてある車検証のこと
新所有者の印鑑証明書新所有者の住所地を管轄する市区町村役場
自動車保管場所証明書車の保管場所がある地域を管轄する警察署

申請書や手数料納付書には国が定めた書式があります。遺産分割協議書も用意された書式を使えば簡単です。市役所や町役場、警察署で交付を受ける書類については、受付時間などに気をつける必要があります。

また、自動車保管場所証明書(車庫証明)は交付までに日数がかかるケースがあるため、ギリギリで手配するのは避けるべきです。

ただし、交付から概ね1ヶ月が経過した車庫証明は運輸局等で受理されない可能性があるため、タイミングよく準備する必要があります。自動車検査証(車検証)は車内に備え付けることが道路運送車両法の第66条第1項に定められているため、ダッシュボードなどに入っているはずです。

まいちゃん
必要な書類を用意し忘れることがないように、タイミングも含めてチェックリストを作っておくとよいかもしれませんね。

手順2 書類提出と車検証の受け取り

書類が揃ったら管轄の運輸支局等に提出します。引き続き同じ場所に車を置く場合は同じ運輸支局等が提出先となりますが、管轄の異なる場所に移動する場合は移動先の運輸支局等が提出先です。相続する車が軽自動車の場合は軽自動車検査協会が提出先となっています。

書類の提出ができるのは、開庁している平日の昼間(8:45~11:45と13:00~16:00)だけとなっているため注意が必要です。

名義変更の手続きが完了すれば、新しい車検証が発行されます。車検証は大事な書類です。記載内容をチェックして間違いがないことを確認したら、車のダッシュボードなどに備え付ける形でしっかりと保管しておきましょう。

手順3 自動車税等の申告と納税

新しい名義人となった人には、自動車税等の納税が発生する場合があります。運輸支局等に隣接している都道府県税事務所の申告窓口に「自動車取得税・自動車税申告書(報告書)」を提出して納税しましょう。

まいちゃん
車の名義変更をするときには納税まで考えておかないといけないのですね。
めぐみさん
車の税金は11年~13年経過で負担が大きくなります。相続する車の年数も考慮したいですね。

<ケース1> 単独相続に必要となる書類とは?

相続人の中から、誰か1人が単独で車を相続する場合に必要な書類を確認しておきましょう。以下すべてのケースで、申請書と手数料納付書以外に必要な書類について解説します。

書類の名称内容・注意点
遺産分割協議書相続人全員の実印を押したもの遺産分割協議の結果、代表相続人が手続きを行う場合に必要
戸籍謄本等戸籍謄本、戸籍の全部事項証明書(亡くなった所有者と相続人のもの各1通)または法定相続情報証明書
自動車検査証有効期間内であること
新所有者の印鑑証明書発行日から3ヶ月以内
※相続人全員の印鑑証明書発行から3ヶ月以内※全員で手続きを行う場合に必要
※新所有者以外の相続人全員の譲渡証明書※全員で手続きを行う場合に必要
自動車保管場所証明書交付から概ね1ヶ月以内使用の本拠の位置に変更がない場合は不要
委任状代理人による申請の場合本人申請の場合は実印を持参
ナンバープレート管轄が変わらない場合は不要

遺産分割協議書について

遺産分割協議書は相続人全員による協議の結果、新所有者が相続することになった旨を記す書類で、自動車登録番号と車台番号などを記載します。

相続人全員で手続きを行う場合は不要ですが、全員の印鑑証明書と実印(代理人の場合は委任状)が必要です。加えて、新所有者を除いた全員の実印を押印した譲渡証明書まで必要となります。

ケースにもよるでしょうが、全員で手続きするとなると負担が大きく、円滑にできるかどうか不安になりそうです。新所有者である代表相続人が手続きを行う方が無難といえます。また、相続人が1人しかいない場合には協議する相手が存在しないため必要ありません。

名義変更する車が普通自動車で査定価額が100万円以下の場合は、遺産分割協議書ではなく遺産分割協議成立申立書の提出で手続きができます。この場合、査定を証明する書類が必要です。軽自動車は遺産分割協議書も遺産分割協議成立申立書も必要ありません。

戸籍謄本について

戸籍謄本等は所有者が亡くなった事実の確認と、亡くなった所有者と相続人との関係の確認に必要となります。法定相続情報証明書は、亡くなった所有者と法定相続人の関係を整理して証明する書類です。

戸籍謄本等の必要書類一式と相続関係の一覧図を法務局に提出して申し出れば、登記官が認証文を付して写しを交付してくれます。費用は無料です。

査定価額が100万円以下の普通自動車を単独相続により名義変更する場合、相続人全員の戸籍謄本等は不要となり、新所有者について確認できる戸籍謄本等があれば手続きできます。

自動車検査証について

自動車検査証(車検証)が有効期間内でない場合、いわゆる車検切れの場合は、そのままでは手続きができません。自動車保管場所証明書は、亡くなった所有者と相続する新所有者が同居家族である場合は不要となることがあります。

上に記した内容は一般的なものです。後述する手続きについても運輸局によって若干異なる可能性があるため、手続きを行う際には管轄の運輸局に確認するとよいでしょう。

まいちゃん
なるほど!車の査定額が100万円を超えるかどうかで、必要な書類が変わる点は要注意ですね。
ゆうとさん
そうですね。ケースバイケースで正しく判断する必要があります。

<ケース2> 共同相続に必要となる書類とは?

複数の相続人がいて遺言がない場合や単独相続にならない場合は、共同相続としての名義変更が必要です。共同相続の場合に必要な書類を確認しておきましょう。

書類の名称内容・注意点
戸籍謄本等戸籍謄本、戸籍の全部事項証明書(亡くなった所有者と相続人のもの各1通)または法定相続情報証明書
自動車検査証有効期間内であること
印鑑証明書発行から3ヶ月以内で共同相続人全員の印鑑証明が必要
自動車保管場所証明書交付から概ね1ヶ月以内車の保管場所に変更がない場合不要
委任状代理人による申請の場合本人申請の場合は実印を持参
ナンバープレート管轄が変わらない場合は不要

共同相続の場合の大きな特徴は遺産分割協議書が存在しない点です。まず、車の持ち主が死亡した時点で相続人全員の共有財産となるため、遺産分割協議をする場合でも、協議が整っていない場合は共同相続としての名義変更が必要となります。

共同相続人の中に15歳以下の人がいて、印鑑証明書の取得ができない場合は住民票で代替可能です。その他に、親権者全員の実印を押した同意書、親権者1名の発行から3ヶ月以内の印鑑証明書が必要になります。

まいちゃん
車の所有者が亡くなったら、その時点で車は法定相続人の共有財産になるのですね。
ゆうとさん
誰か1人が単独相続する予定があるなら、速やかに遺産分割協議を終わらせて名義変更手続きをしないといけません。

<ケース3> 相続人以外の第三者に譲渡するときは?

持ち主が死亡した車を、相続人ではない第三者に譲渡する場合の必要書類について確認しておきましょう。まずは、譲渡する側が用意する書類です。

書類の名称内容・注意点
遺産分割協議書相続人全員の実印を押したもの遺産分割協議の結果、代表相続人が手続きを行う場合に必要
戸籍謄本等戸籍謄本、戸籍の全部事項証明書(亡くなった所有者と相続人のもの各1通)または法定相続情報証明書
自動車検査証有効期間内であること
代表相続人の印鑑証明書発行日から3ヶ月以内遺産分割協議の結果、代表相続人が手続きを行う場合に必要
代表相続人の譲渡証明書遺産分割協議の結果、代表相続人が手続きを行う場合に必要
※相続人全員の印鑑証明書発行から3ヶ月以内※全員で手続きを行う場合に必要
※代表相続人以外の相続人全員の譲渡証明書※全員で手続きを行う場合に必要
委任状代理人による申請の場合本人申請の場合は実印を持参
ナンバープレート管轄が変わらない場合は不要

次に、譲渡される第三者が用意する書類を確認します。

書類の名称内容・注意点
印鑑証明書発行日から3ヶ月以内
自動車保管場所証明書交付から概ね1ヶ月以内
委任状代理人による申請の場合本人申請の場合は実印を持参

新しく所有者となる第三者と使用者が異なる場合には、発行から3ヶ月以内の使用者の住民票も必要です。その場合の車庫証明は、使用者のものを用意します。

第三者に譲渡する場合でも、遺言がある場合を除いて、所有者が死亡した時点で相続人の財産となっているため、相続による名義変更を経て第三者への名義変更を行う手続きが必要です。

まいちゃん
譲渡する側はされる側より必要書類が多いのですね。
ゆうとさん
だからこそ、しっかりと確認して不足しないように準備しないといけません。

車の持ち主が死亡したときに注意すべきポイント

車の持ち主が死亡したときに注意すべきポイントはいくつかあります。最初に述べたように、本当に車の所有者だったかを確認することが重要です。車の持ち主だと確認できたうえで注意すべきポイントを紹介します。

POINT1 車の新しい所有者を決める

車の持ち主が死亡して、遺言がない場合は誰が新しい所有者になるかを決める必要があります。1台の車を何人もの相続人が共同で相続したとしても、使用やメンテナンスなどの問題がややこしくなることから、遺産分割協議によって特定の相続人1人が単独相続するケースが多いといえます。

とはいえ、全員で共有するケースもあり得るでしょう。単独相続とするか、共同相続とするかは各相続人の考え方や事情によります。

また、遺産分割協議は相続人の全員参加が必須です。しかし、知らない人が実は相続人だったり、相続人と連絡が取れなかったりで、意思の確認が難航する場合があります。それも見据えて、早めの対応が必要です。

POINT2 名義変更を早めに行う

誰が新しい所有者か決まれば、速やかに名義変更を申請します。前述したように、新しい所有者は15日以内に移転登録をしなければならないという道路運送車両法の規定があるためです。この規定に違反すると、同法109条第2号の規定により50万円以下の罰金が科される可能性があります。

名義変更を急ぐ理由は罰則付きの規定があるためばかりではありません。その他にも名義変更を行っていないと不利益が生じる恐れがあります。

  • 自動車税の納付書が亡くなった持ち主の住所に届く
  • 車の売却や廃車手続きができない
  • 事故を起こした際に保険金が支払われない可能性がある

どれも問題といえますが、中でも事故の保険金が支払われないケースは重大です。可能な限り早めの名義変更を心掛けましょう。

【重要】名義変更前に査定に出すべき理由

名義変更はできるだけ速やかに行うべきだと述べましたが、名義変更よりも早く査定を受けることによるメリットがあります。

まず、相続した車を売却したい場合です。名義変更は必要な書類が多く、とても手間がかかります。そんなとき、査定してもらった業者に売却することになれば、手続きについて代行や相談に乗ってくれるなどの支援を期待できます。

売却しない場合でも査定のメリットは大きいです。前述の通り、車の査定額が100万円を超えると、車の名義変更で遺産分割協議書が必要になります。100万円以下の場合は、遺産分割協議書ではなく遺産分割協議成立申立書の提出で手続きができます。

いずれにしても、車の価値がどのくらいの金額になるのかを知っておかなければ、遺産相続の金額を計算することすらできません。

まいちゃん
確かにその通りですね。車の金銭的な価値がわかっていなければ、何も計算できませんね。
ゆうとさん
「死亡してから15日以内に名義変更しなければいけない」という法律上のルールもあることから、できるだけ早めに査定に出して車の価値を把握するようにしましょう!

無料で愛車の買取相場をカンタンに知る方法

まずは、愛車が実際に今いくらで買い取ってもらえるかという買取相場を知る必要があります。この買取相場を知るために、MOTAやズバット車買取比較などの車一括査定サイトを活用することをおすすめします。

車一括査定サイトでは複数の買取業者が同じ条件で見積もりを出し合うので、競争原理が働きます。この競争原理によってより高い査定額を期待できるというわけです。

また、複数の買取業者それぞれに査定依頼する手間が省けます。やり方は簡単で、WEB上で車の情報を入力するだけで査定を依頼できます。そして、利用料金は完全無料です。

無料査定をしたからといって、すぐに売却しないといけないということはありません。まずは無料査定で相場を知ってから、慎重に売る・売らないの判断をしましょう。

サイト名特徴おすすめ度サービス名利用料金
やりとりは高額査定の3社(最大)だけ ★★★★★MOTA(モータ)無料
すぐに査定額(概算)がわかる★★★★★ウェブクルー無料
どんな車でも0円以上で買取保証★★★★☆廃車ツヨシ!無料
しつこい営業電話なし ★★★★☆セルトレ無料
しつこい営業電話なし ★★★★☆カーネクスト無料
しつこい営業電話なし ★★★★☆ユーカーパック無料
しつこい営業電話なし(オークションの場合)★★★★☆カーセンサー(リクルート)無料

2つの代表的な査定方法

ゆうとさん
車を査定するには主に2つの手段があります。
  1. 買取業者に直接依頼する
  2. 車一括査定サービスを活用する

2つの手段について詳しくみていきましょう

手段1 買取業者に直接依頼する

車を買い取ってくれる買取業者を自分で見つけるという方法が最も一般的です。しかし、この方法は問題が多いのでオススメしません。

まず優良な買取業者を探すには労力がかかります。買取相場を調べずに査定依頼すると、知識がないのを良いことに安く買い叩く業者もいます。

また、1社だけに依頼すると、その金額が適正な査定額なのかどうかが判断がつきにくいです。適正な査定額を知るために複数の買取業者に査定依頼するとさらに手間も時間も多くかかってしまいます。

手段2 車一括査定サービスを活用する

車一括査定サイトは、一度の情報入力で複数の買取業者に車の査定依頼ができます。ネットで簡単にできて、かつ無料のサービスなのでとても効率的です。

高額買取してもらうためには、より多くの買取業者の金額の比較が重要です。複数の買取業者で競争してもらうことで、より高い査定額が期待できます。

まいちゃん
ラクに査定できて、高額買取してもらえる業者が発掘できるなんて一石二鳥ですね!

大量電話に悩殺されず高額査定が期待できる車査定サイト3選

まいちゃん
大変です!買取業者からの電話が鳴り止みません!
ゆうとさん
大量の営業電話を避けつつ、高額査定が期待できる車査定サイトを紹介しますね

車一括査定サイトにはデメリットもあります。それは「大量の営業電話がかかってくる」という点です。

上手く利用すれば、複数の買取業者の見積もりを比較して最高額で売却することも可能です。しかし、多くの買取業者と何度も対応すれば手間も時間もかかり不快に感じることもあるでしょう。

そんな時は次の3つの車査定サイト(MOTA、セルトレ、カーネクスト)を活用しましょう。買取業者の数を限定してるサイトを利用すれば、労力をかけずに査定を依頼できます。

MOTA(モータ) <やりとりは高額査定の3社(最大)だけ>

一般的な車一括査定サイトでは10社以上の買取店から大量の営業電話がかかってきます。しかし、MOTAは高値の査定額をつけた最大3社とやりとりするだけですみます。

査定が1社だけだと、その査定額が正しいのかどうかが判断できません。その点、MOTAでは複数社から査定額が提示されます。つまり、適正価格を知りつつ、高い査定額を期待できるというわけです。

MOTAは車一括査定サイトにありがちな「大量の営業電話に悩殺される」というデメリットをなくしながら、車一括査定サイトの「複数の買取業者が競い合うため高額査定が期待できる」というメリットを生かした画期的なサービスになっています。

まいちゃん
最大20社が競い合うため、余計な努力をしなくても勝手に査定額が高くなります。しかも、やりとりするのは高額上位3社だけ!

セルトレ <しつこい営業電話なし>

セルトレは査定から契約まで来店は一切不要で、基本的には電話も1社のみなので、気軽に利用できます。

そして、近年は円安が凄まじい勢いで進行しているので、日本国内よりも海外ルートの方が高額査定が期待できます。

セルトレは下記の図のように査定依頼があった車両の状態を元に独自のシステムで判別します。国内小売向け・海外輸出向け・廃車の自動判定を行って、最高額がつく業者を自動選定してもらえます。

【一般的な車一括査定サービス】

【セルトレの車一括査定サービス】

(出典)https://zigexn.co.jp/10601/

また、セルトレは廃車にも対応しており、事故車、水没車、走行距離10万km以上などボロボロの車でも他社ではできないような挑戦的な査定を実現しています。

カーネクスト <しつこい営業電話なし>

カーネクストは車の査定から買取まで全て自社で行っています。そのため、電話の窓口はカーネクスト1社だけに限定されます。

カーネクストのオペレーターはとても親切、丁寧に対応してくれるので、車査定の初心者には特におすすめです。また、店頭に出向かなくても査定から売却契約まで行えます。

どんな車(事故車・故障車・動かない車)でも買取してもらえる点も人気の秘密です。

愛車を「最高額」で売る裏ワザとは?

愛車の最高の査定額を引き出すために、ズバット車買取比較を利用するのがオススメです。

ズバット車買取比較は全国200社以上から最大10社に一括で査定を依頼できます。大手から中小まで複数の買取業者が競い合うため、一気に最高の査定額を引き出せるのです。

そして、ズバット車買取比較には「愛車の査定相場がすぐにわかるサービス」があります。

車のグレードや年数などの情報を入力した直後に概算の査定相場(最安値~最高値)がWEB画面上に表示されます。さらに6ヶ月後の相場予想もわかります。

ゆうとさん
車の情報を入力したら、すぐに愛車の査定相場(最安値~最高値)と6ヵ月後の相場予想がWEB画面上で表示されるのは良いですね!
まいちゃん
最安値と最高値を把握しておくことで、車買取業者に安く買い叩かれる最悪の事態も回避できます。そして、最高額で売れる時期もわかりますよ!

事故車・故障車・動かない車でも売れるって本当?

まいちゃん
事故車や故障車の買取りは無理ですよね?
ゆうとさん
どんな車でも買取を保証してくれる廃車ツヨシなら大丈夫です!

「事故車や動かない車を査定に出してよいものかわからない」「売却したいけれど水害で冠水したことがある」等の問題を抱えている車を持っている方には廃車ツヨシがオススメです。

次のような車でも廃車ツヨシなら買取可能です。

廃車ツヨシなら下記のような車でも売却OK
  1. 事故歴のある車
  2. 水没した車(冠水した車・水害車もOK)
  3. 故障車や不動車(動かない車)
  4. 廃車にしたいほど状態が悪い車
  5. 過走行と呼ばれる走行距離が10万、20万km以上の車

⇒廃車ツヨシはどんな車でも買取保証で0円以上の値がつきます!

一般の車買取業者では事故車や故障車の買取を積極的に行っていません。このような難ありの車は売ること自体が難しいのです。

しかし、廃車ツヨシならどんな車でも0円以上での買取を保証しているので確実に売却できます。

低年式車や過走行車でもかまいません。一般的な中古車買取店と比べても、きっと満足できる買取金額を提示してくれるでしょう。

<廃車ツヨシの査定額が高い2つの理由>
  1. 無店舗による営業と提携業者との連携でカットしたコスト分を査定額に反映しているから
  2. 走れない車でもパーツとして活用することで査定原資を確保しているから

引き取りのレッカー代や手続き費用も無料で、面倒な手続きをお任せで売却きます。さらに一般的な車一括査定サイトと違って、しつこい営業電話もありません。

まいちゃん
費用負担なしで査定の申込から売却手続きまで完結できて、来店の必要もないのはうれしいですね。

車査定サイト人気ランキング【TOP7】

まいちゃん
車査定サイトにもいろいろな特徴があるんですね。
ゆうとさん
車査定サイトの特徴をわかりやすくまとめてみました。自分に合った車査定サイトを見つけて、高額査定をゲットしましょう!

今乗っている車の正確な査定額を把握し、より高値で買い取ってもらえる業者にお願いしましょう。

第1位 MOTA(モータ) <やりとりは高額査定の3社(最大)だけ>

一般的な車一括査定サイトでは10社以上の買取店から大量の営業電話がかかってきます。しかし、MOTAなら高額査定の3社(最大)だけ!最大20社が競い合うので、どうしても査定額が高くなります。

ゆうとさん

\特徴/

  1. 大量の営業電話に悩殺されずに高額査定が期待できる(やりとりは高額査定の最大3社だけ)
  2. 最大20社が競争し合うので、どうしても査定額が高くなる
  3. 最小限の労力で最大限の結果(高額査定)が得られる
まいちゃん

\こんな人におすすめ/

  1. 大量の営業電話に悩殺されたくない人
  2. MOTA以外の他の車一括査定サイトを利用して、嫌な思いをした人
  3. できるだけ手間を減らしつつ、高額査定を得たい人

第2位 ズバット車買取比較

32秒のの入力で愛車の査定相場(最安値~最高値)がすぐにわかります。さらに、WEB画面上には「6ヵ月後の相場予想」も表示されるので、最高額で売れる時期も把握できます。

ゆうとさん

\特徴/

  1. 32秒の入力で愛車の査定相場(最安値~最高値)と6ヵ月後の相場予想がすぐわかる
  2. 6ヵ月後の査定相場を知ることで、最高額で売れる時期も把握できる
  3. 最大10社に一括で査定を依頼できて、一気に最高の査定額を出せる
まいちゃん

\こんな人におすすめ/

  1. 売却するか迷っていて、まずは査定相場を知りたい人
  2. 愛車を最高額で売りたい人
  3. 査定相場を知ることで安く買い叩かれるリスクを回避したい人

第3位 廃車ツヨシ! <しつこい営業電話なし>

古い車でも動かない車でも0円以上の買取保証があるので、安心して気軽に利用できます。来店不要で手続きができる点もおすすめです。

ゆうとさん

\特徴/

  1. どんな車(事故車・故障車・動かない車)でも買取保証0円以上!
  2. 電話1本で完結、来店は一切不要、簡単入力でWEBからも無料査定を依頼できる
  3. 出張引き取り手数料なし、手続きも完全無料、廃車手続きも無料で代行
まいちゃん

\こんな人におすすめ/

  1. 低年式車や過走行車(走行距離10km以上の車)をお持ちで1円でも高く売却したい人
  2. 事故車や故障車をお持ちで査定先選びを迷っている人
  3. 余計な労力を使わずに手続きも無料で取引を終わらせたい人

第4位 セルトレ <しつこい営業電話なし>

事故車や水没車、動かない車も買い取ってもらえます。お店に車を持っていく必要がないので、手間が省けます。

ゆうとさん

\特徴/

  1. 来店不要で、査定から契約までオールインワン査定
  2. 独自の海外輸出・国内流通ルートで高額査定が期待できる
  3. 車がどんな状態(故障車・事故車・水没車)でも買取可能
まいちゃん

\こんな人におすすめ/

  1. 故障車・事故車・水没車・動かない車など状態の悪い車を買い取ってもらいたい人
  2. 手間や時間を一切かけたくない人
  3. 売却せずに査定額のみを知りたい人(査定額に満足できなければ、お断りOKです!)

第5位 カーネクスト <しつこい営業電話なし>

大量の営業電話は一切ありません。10年落ち・10万Km走行の車、故障車・事故車、動かない車でも買い取ってもらえます。

ゆうとさん

\特徴/

  1. どんな車(10年落ち・10万km走行の車・故障車・動かない車)でも0円以上で買取OK!
  2. 日本全国どこでもご希望の場所まで無料で引き取りに来てくれる
  3. 自動車税の還付手続きも無料で代行してもらえる
まいちゃん

\こんな人におすすめ/

  1. 高年式車、過走行車の売却で困っている人
  2. 故障車や水没車など動かない車の売却で困っている人
  3. 自動車税の還付手続きや必要書類の確認、記入などを無料で代行してもらいたい人

第6位 ユーカーパック <しつこい営業電話なし>

個人情報の提出不要です。車のデータのみ買取業者に提示されるので、買取業者からの営業電話が一切ありません。

ゆうとさん

\特徴/

  1. 査定は一度だけで、大量の営業電話なし
  2. 最大8000店に査定してもらえるので、高い査定額が期待できる
  3. オークションスタイルで納得の値段まで待てる
まいちゃん

\こんな人におすすめ/

  1. 自分の納得いく買取価格がつくまで時間をかけられる人
  2. 売却価格を自分の意志で決めたい人
  3. 売却時の手間や時間などとにかく労力をかけたくない人

第7位 カーセンサー <しつこい営業電話なし>

リクルートが運営している一括査定サービスです。一括査定とオークションの2つの売却方法を自分で選択できます。

ゆうとさん

\特徴/

  1. 売り方を一括査定かオークション形式か選べる
  2. (オークションを選択した場合)大量の営業電話なし
  3. (一括査定を選択した場合)最大30社の査定額を比較できる
まいちゃん

\こんな人におすすめ/

  1. 売り方(一括査定orオークション)を自分で選択したい人
  2. メールで売却のやり取りをしたい人(メール指定が可能)
  3. 親切、丁寧な説明を受けて、安心して取引したい人
サイト名特徴おすすめ度サービス名利用料金
やりとりは高額査定の3社(最大)だけ ★★★★★MOTA(モータ)無料
すぐに査定額(概算)がわかる★★★★★ウェブクルー無料
どんな車でも0円以上で買取保証★★★★☆廃車ツヨシ!無料
しつこい営業電話なし ★★★★☆セルトレ無料
しつこい営業電話なし ★★★★☆カーネクスト無料
しつこい営業電話なし ★★★★☆ユーカーパック無料
しつこい営業電話なし(オークションの場合)★★★★☆カーセンサー(リクルート)無料

※MOTA:高額査定の3社(最大)からのお電話は複数回線からのご連絡になる場合がございます。

The following two tabs change content below.
アバター
編集長のゆうとです。車好きな父親に影響されて、これまで新車、中古車問わず様々な車に乗ってきました。車の売却やお得な買い替えなどを父親と一緒に調べていくうちに関連するノウハウも学びました。これからもメーカーや国産車、輸入車問わず様々な車について知識を深めて、このブログを通じて車に関する情報を共有していきます!